白髪を抜くと抜け毛や白髪がさらに増える!?

白髪を抜くと

白髪を抜くと逆に増えると言われていますが、
実はそんなことはありません。

ただし、毛根や頭皮のトラブルにつながり抜け毛が増えたり、
抜いた部分から髪の毛が生えてこなくなる可能性があるので、
白髪が気になるからといって抜くのは不適当です。

白髪の原因

頭髪は、毛根の内部にあるメラノサイトという部分が
生成するメラニン色素により色がつけられます。

ただし、このメラニン色素を生成するためには
特定の酵素が必要となるのですが、
年齢を重ねるにつれて不足しがちとなります。

 

このために、頭髪は色がつけられないまま成長するようになり、
白髪と呼ばれる状態になってしまいます。

これが、年齢を重ねるにつれて白髪が増加する原因です。

この様に毛根の内部の酵素が白髪に関係しているので、
抜くという行動により問題が解消されるわけではありませんが、
他の毛根にまで影響を及ぼすことはありません。

ただし、抜け毛につながる可能性があります。

白髪を抜くことによる問題

白髪を抜くことにより何も問題が起こらないわけではなく、
頭皮や毛根にダメージを与える危険があります。

頭髪は、毛根の内部にある毛母細胞が分裂することで成長するので、
抜くことにより毛根がなくなってしまうと生えてこなくなります。

 

また、頭皮の皮膚や毛細血管を傷つけてしまうと炎症に繋がり、
他の毛根にまで影響を与えてしまいます。

この様な状態になると抜け毛が増加することになります。

 

このために、気になるからといって抜くのは不適切な行為であり、
他の問題を引き起こす原因を作ってしまいます。

どうしても気になるのであれば、
毛根を傷つけない様に注意した上で根元に近い部分から切るのが適当です。

 

また、根本的な原因はメラニン色素を作りだすための酵素の不足であり、

生活習慣や食生活の見直しが状況の改善につながります。

逆に、喫煙やストレスは酵素を大量に消費する上に、
細胞を老化させる活性酸素を増加するので、状態をさらに悪化させてしまいます。

 

白髪を増やさない様にする方法

頭髪に色となるメラニン色素は、
チロシンというアミノ酸を原料としています。

これが、チロシナーゼという酵素と反応することにより、
メラニン色素が生成されます。

 

つまり、チロシンを含んでいる食品や
チロシナーゼの働きを良化させる食品を摂取することにより、
白髪を増やさない様にすることが可能となります。

具体的には、チロシンはチーズやきな粉に多く含まれており、
チロシナーゼはレバーやアーモンドに多く含まれています。

これらは、頭髪のもとになるたんぱく質も
豊富に含んでいる食品なので、抜け毛の予防にも有効です。

 

また、白髪の悩みを早急に解決したい場合、
やはり白髪染めを行う方法しかありません。

その場合、こちらのような
女性用白髪染めトリートメントおすすめランキングなどを参考にしてみてください。

髪に優しく抜け毛を増やさない天然素材にこだわった白髪染めを比較しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ